リスト マゼッパ 難易度 – Choice & Level~選曲と難易度~

こちらもリストの超絶技巧練習曲のうちの一つ。「マゼッパ」という名称はヴィクトール・ユゴーの叙事詩「マゼッパ」より来ています。単純に音符が多いだけでなく、強弱などの表現もかなりの難易度です。マゼッパは管弦楽曲にも編曲されています。

リストのマゼッパと鬼火はどっちが難易度高いですか? (a)指がよく回る人から見ると(難しい順に)マゼッパ(第2稿)>マゼッパ(第3稿)>鬼火(第2稿)>鬼火(第3稿)(b)体力と指の跳躍力がある人か

Read: 5179

第4番「マゼッパ」 V.ユーゴーの叙事詩『マゼッパ』に着想を得て作曲されたといわれている、リストの作品の中で最も有名な人気作の一つで、とりわけ「のだめカンタービレinヨーロッパ」で取り上げられたことから人気に火がついたように思います。

【ショパン:練習曲4番 嬰ハ単調・作品10-4】難易度:鬼門 全体難。 リスト作曲「超絶技巧練習曲第4番”マゼッパ”」 出典 マゼッパ (リスト) – Wikipedia.

辻井伸行(マゼッパ)(鬼火) 日本を代表する盲目のピアニスト、辻井伸行さんの『マゼッパ』『鬼火』を続けてご覧ください。 超難関のこの2曲も辻井伸行さんの演奏なら何だか安心して聴いていられま

こちらもフランツ・リストの ピアノ作品『 超絶技巧 練習曲』の第5番。「マゼッパ」と同様に非常に難易度が高いとされる楽曲です。 超絶技巧練習曲より 第3番 変イ短調

難易度1〜28段階(数字の大きい方が難しい)から、最上級クラス(28〜24)のピアノ曲をリストアップ。(2018.8.6更新、出典:「あるピアニストの一生」)