大飯原子力発電所 裁判 – 大飯原発3、4号機運転差止裁判の判決について – 原子力国民会議

美浜原子力発電所3号機運転期間延長認可処分、設置変更許可処分、工事計画認可処分、保安規定変更認可処分取消し(行訴) 福井から原発を止める裁判の会「新・大阪大飯仮処分」

大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判 (関西電力大飯原子力発電所3号機、4号機運転差止仮処分命令申立事件) 原告(債権者) 262名 債務者 関西電力 大阪地方裁判所 平成24年(ヨ)第262号、318号

判決要旨末尾 「本件発電所の安全審査に当たって用いられた新規制基準に違法や不合理の廉はなく、本件発電所が新規性基準に適合するとした原子力規制委員会の判断にも不合理な点はみとめられず、本件発電所の危険性は社会通念上社会通念上無視しうる

大飯高浜仮処分と大飯原発控訴審 支援のお願い 大飯・高浜仮処分の「決定日」を来年に迎えるにあたり、全国の皆様へ 裁判支援と資金の支援のお願いいたします。(裁判の会) 進行中の控訴審もお力添えを!

大飯原子力発電所の運転差し止めを裁判所が決めていいのでしょうか 原発の再稼働問題、地方裁判所裁判官が決められる問題でしょうか? 何を基準に安全・危険を決めているのでしょうか?? 判決で、原発が想定していた

Read: 303

May 21, 2014 · 大飯原発3、4号機運転差止請求事件判決要旨. 主文. 1 被告は、別紙原告目録1記載の各原告(大飯原発から250キロメートル圏内に居住する166名)に対する関係で、福井県大飯郡おおい町大島1字吉見1-1において、大飯発電所3号機及び4号機の原子炉を運転してはならない。

浜岡原発訴訟(はまおかげんぱつそしょう)とは、静岡県 御前崎市(旧小笠郡 浜岡町)に設置されている浜岡原子力発電所1ないし4号機に対し、静岡県又はその近隣都道府県に居住する住民らが、人格権に基づいて、運転差止めを求めた事案である。

出力: 54.0万 kW

福井地裁が前日に下した関西電力高浜原子力発電所運転差し止めの仮処分決定で、「新規制基準は緩やかにすぎ、適合しても原発の安全性は確保

高浜原発、再稼働差し止めの仮処分 樋口英明裁判長「新規制基準は緩やか過ぎ」 関西電力高浜原子力発電所3、4号機について、福井地裁の樋口

大飯発電所(おおいはつでんしょ)は、福井県 大飯郡 おおい町(合併前の旧町名は大飯町、読みは同じ)にある関西電力の原子力発電所。. 1号機から4号機まで4基の原子炉の合計出力は470万kWである。日本の原子力発電所の中で、柏崎刈羽原子力発電所の出力821万2千kW に次ぐ出力である。

出力: 117.5万 kW

「原子力発電所の稼働は法的には電気を生みだすための一手段たる経済活動の自由に属するものであって、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを周辺住民らが求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部(内藤

知恵蔵 – 大飯原発の用語解説 – 福井県大飯郡おおい町にある関西電力所有の原子力発電所。若狭湾国定公園内にあり、加圧水型軽水炉(pwr) 4基を有する。4基合わせた総出力は471万キロワットあり、柏崎刈羽原子力発電所に次ぐ日本最大級の原子力発電所である。

福井県の大島半島、大飯郡おおい町に立地す[続きを読む] デジタル大辞泉の解説. 関西電力,大飯原子力発電所。

ある裁判官が「人命と電気代を天秤にかけることなどできない」と判決文に書いた時、多くの日本人が深く共感した。だが裁判官の世界では

大飯原発といえば、住民らによる運転差止め訴訟で2014年5月、福井地方裁判所の樋口英明裁判長(当時)が3、4号機の運転差止めという判決を出した原発だ。しかし、この判決に対して関西電力(関電)がすぐに控訴。差止めは確定されなかった。

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを平成26年5月に命じた福井地裁の判決が、名古屋高裁金沢支部によって

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)を巡り、周辺住民らが関電に運転差し止めを求めた訴訟で、名古屋高裁金沢支部(内藤

主文. 原告らの請求をいずれも棄却する。 2007年10月26日、静岡地方裁判所において、浜岡原子力発電所1号機から4号機の運転差止を求める本案訴訟の判決および仮処分事件の判決および決定内容がそれぞれ言い渡されました。

[PDF]

原子力発電所の稼働に係る判断 原子力グループ 越智 文洋 先週の話であるが、国内外の原子力の稼働に係る判断がニュースを賑わせていた。1つは5月21日の関西電力㈱ に大飯発電所の運転差し止めを命じた福井地方裁判所の判決1であり、訴えを起こした側に

2014年5月21日、福井地方裁判所において、大飯原発運転差止請求訴訟の判決が出されました。同発電所3号機と4号機の運転差止請求を認めるものです。

新しい原子力発電所安全基準は、新たなる安全神話でしかない 安倍政権が原子力発電を推進する姿勢に、「変更は無い」 政府に有利な判決を下すことは、日本の裁判官にとっては出世と保身の前提条件 高浜原発の再稼働禁止命令は、大飯原発の時以上に勇気ある判決 ジョナサン・ソブル

大飯原発3・4号運転停止行政訴訟 (大飯発電所3号機,4号機運転停止命令請求事件) 原告 134名 被告 国 上記代表者 法務大臣 滝実 処分庁 経済産業大臣 枝野幸男 大阪地方裁判所 平成24年(行ウ)第117号

政治の監視が効かない原子力規制行政の”独走” 〜 元委員の要求を異例の特別扱い 再計算結果によっては、大飯原子力発電所の再稼働が更に

[PDF]

平成26 年5 月21 日,樋口英明(裁判長),石田明彦および三宅由子の三裁判 官は,福井地方裁判所において,被告の関西電力株式会社に対して「大飯発電 所3号機及び4号機の運転をしてはならない」との判決1)(以後,樋口判決と

浜岡原子力発電所運転終了・廃止等請求訴訟弁護団は、中部電力を被告とする浜岡原発の運転終了・原子炉の廃止等を求める裁判の弁護団です。静岡県弁護士会に所属する弁護士有志113名と他の弁護士会に所属する弁護士10名の合計123名(2011年6月22日現在)で構成されています。

福井地方裁判所は、2014年5月21日、関西電力株式会社に対し、大飯原子力発電所(以下「大飯原発」という。 )から半径250km圏内の住民の人格権に基づき、同原子力発電所3号機及び4号機の原子炉について、運転の差止めを命じる判決を言い渡した。

頻発する反原発訴訟への疑問、意味あるのか? / 再稼動差し止め判決の出た関西電力高浜原発(同社資料より) 「裁判で自己主張」の疑問 裁判と社会の問題を考える材料として、ある変わった人の姿を紹介してみたい。民主党の小西洋之参議院議員(千葉県選出)だ。

原子力発電所の運営状況について: 2019年12月26日: 高浜発電所3号機の定期検査開始について: 2019年12月20日: 美浜発電所、高浜発電所および大飯発電所の原子力事業者防災業務計画の修正に伴う関係自治体との協議の開始について

原子力発電所再稼働を容認しない判決が出ていた (c2面:環境衛生工学, 2014.12.17) (2016.1.5追記) こんどは,2015年12月24日に異なる裁判官によって,福井地裁は大飯,高浜両原発の再稼働差し止め仮処分を取り消した。

名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)は7月4日、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを命じた一審・福井地裁判決を取り消し、原告住民側の請求を棄却する判決を言い

原子力発電所再稼働を容認しない判決が出ていた (c2面:環境衛生工学, 2014.12.17) (2016.1.5追記) こんどは,2015年12月24日に異なる裁判官によって,福井地裁は大飯,高浜両原発の再稼働差し止め仮処分を取り消した。

[PDF]

大飯原発3,4号機及び高浜原発3,4号機運転差止仮処 第1 債権者らの求めた裁判 主文と同。 第2 事案の概要等 1 事案の概要 原子力発電所の仕組み ア 原子力発電と火力発電

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)を巡り、福井県や大阪府などの住民らが関電に運転差し止めを求めた訴訟で、原告の請求を棄却した名古屋高裁金沢支部の判決について、住民側は17日、上告を断念すると発表した。上告期限は18日で

中日新聞より大飯原子力発電所の運転差止めを求めた訴訟で、22日福井地裁にて「運転してはならん!」という判決が出ました。チャーリーがいつも利用し勉強させていただいております「院長先生」のブログからも引用させていただきます。

滋賀県の住民が大津地方裁判所に求めた高浜発電所3・4号機の再稼働禁止に関する仮処分が3月9日に決定した。福島第一原子力発電所の事故原因が

(1) 大飯発電所敷地内に存するf一日破砕帯の調査等についてア 債務者は,平成24年7月18日,原子力安全・保安院から,大飯発電所敷地内のf-6破砕帯の調査について指示を受け,同年8月6日から,間発電所敷地内でf-6破砕帯の活動性と長さについての調査及び

原告提出の第10準備書面 -大飯原子力発電所のぜい弱性- 原告提出の第9準備書面 -水素爆発対策の不備について- 第6回口頭弁論(2015年1月29日) 原告の意見陳述要旨 三澤 正之 (京都府北部在住)

フクイチ事故後、初めての原発運転差し止め判決下る。 司法の快挙だ! (大飯原発3、4号機) 2014年5月21日、福井地裁の樋口英明裁判長は、2012年11月に「福井から原発を止める裁判の会」が提起した大飯原発差し止め訴訟に関し 主文:大飯発電所3・4号機の原子炉を運転してはならない という

原子力発電所の運営状況について: 2019年12月26日: 高浜発電所3号機の定期検査開始について: 2019年12月20日: 美浜発電所、高浜発電所および大飯発電所の原子力事業者防災業務計画の修正に伴う関係自治体との協議の開始について

4月18日(水)14:00 大阪地裁 大飯原発運転差止仮処分 審尋期日(非公開) 元原子力規制委員会委員長代理の島崎邦彦さんの大飯原発運転差止訴訟控訴審での証言である大飯原発の基準地震動は過小評価であることを争点とする仮処分。

NHK「大飯原発 運転再開認めない判決」(2014年5月21日)は、次のとおり報じました. 「福井県にある関西電力大飯原子力発電所の3号機と4号機の安全性を巡る裁判で、福井地方裁判所は21日、「原発には極めて高度な安全性や信頼性が求められているのに、確たる証拠のない楽観的な見通しの下に

*大飯発電所 大飯原発3号機と4号機について、福井県おおい町の中塚寛町長は25日にも再稼働に同意する方針を固めました。 大飯原発を巡っては安全対策が不十分だとして住民等から再稼働に反対する声が出ていましたが、関西電力側も意向を重視して町長

これらが、浜岡原子力発電所をはじめとする各地の原子力発電所を標的とする可能性は、福島原子力発電所事故による広範な地域の汚染や甚大な経済的損害をみれば高いものと言わざるをえない。

関西電力大飯原子力発電所の運転差し止めを命じた、津市在住の元裁判官、樋口英明さんの講演会が28日午後1時半、津市西丸之内の津リージョン

島崎邦彦前原子力規制委員会委員長代理,大飯原発の安全性について,根本的問題点を指摘! 2014年5月21日、福井地方裁判所は大飯原子力発電所3、4号機の運転差止めを命じる判決を言い渡しました(樋

大飯原発差し止め判決に対し、日本原子力学会から批判が出た。 とんでもない陳腐な批判だ! 福井地裁の大飯原発差し止め判決が出た一週間後の5月27日、原発を推進する立場にある「日本原子力学会」がこの判決を批判する声明文(プレスリリース)を出しました。

大飯原発3、4号機をめぐっては、近畿の住民らが再稼働させないよう求めた仮処分の申し立てで、大阪高裁が9日、「原子力規制委員会の結論より前に、裁判所が稼働を差し止める判断を出すのは相当ではない」などとして却下していた。

[PDF]

本年の3月と4月に、原子力発電所の運転差止を求める仮処分申立てに対して二つの裁 判所で異なる判断が下された。高浜発電所3、4号機では申立てが認められ、川内原子力 発電所1、2号機では却下された(表中⑦及び⑧)。

日本政府の原子力発電当局は月曜日、大飯原子力発電所の2基の原子炉が再稼働のための最終審査に合格し、立地する地元県知事が同意したため、来年初めにも再稼働する見通しであることを明らかにしまし

今回の大飯原発民事訴訟において何と何が争われたのか 判決文によれば (人格権という生命を守り生活を維持する)根源的な権利と. 原子力発電所の運転の利益 裁判所の重要な責務だ

また、2014(平成26)年5月21日に福井地方裁判所が言い渡した、大飯原子力発電所3、4号機の原子炉について運転差し止めを関西電力株式会社に命じる判決、及び2015(平成27)年4月14日に同裁判所が出した高浜原子力発電所3、4号機の原子炉について運転

2014年5月21日,福井地方裁判所は,関西電力株式会社に対し,大飯発電所(以下「大飯原発」という。)から250キロメートル圏内に居住する者は,大飯原発3・4号機の運転によって直接的にその人格権が侵害される具体的な危険があるとして,その運転差止を命じる判決を言い渡した。

大飯原子力発電所周辺の地殻変動と地震活動 固定基地局:大飯原発から約8.24km、大飯A 高浜原子力発電所周辺の地殻変動と地震活動 固定基地局:高浜原発から約9.36km、舞鶴 島根原子力発電所周辺の地殻変動と地震活動 固定基地局:島根原発から約8.69km、松江2

ドイツ政府が国内に存在する原子力発電所を段階的に廃止することを決定したことで電力会社が政府に賠償を求めていた裁判で賠償を命じる判決が下ったとNHKが伝えています。 日本には「ドイツの姿勢を見習え」という声が左派・リベラルを中心に多いのですが、大手電力各社もその声に従っ

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟の控訴審が20日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)で結審した。1審福井

この法律では、2条から6条で政府重要施設や原子力発電所をその対象にできることとして各管理者に指定をさせ、8条で指定された対象施設はドローンの飛行を禁止にするというものだ。 ④ 最高裁判所の庁舎であって東京都千代田区隼町に所在するもの

[PDF]

運転を再開したのは大飯原子力発電所3・4号機(以 下「大飯原発3・4号機」と略す.他の原子力発電 所も同様)のみであり,大飯原発が次の定期検査に 入った2013年9月以降2年近くにわたり,国内の すべての原子力発電所が運転を停止する状況が続い た.

[PDF]

原子力発電所の設置の違法性をめぐり,裁 判所はこの間,2014年5月21日の福井地方 裁判所による人格権に基づく大飯原子力発電 所の運転差止判決および2015年4月14日の 同裁判所による高浜原子力発電所3・4号機 運転差止仮処分決定,ならびに2016年3月9

原発再稼動、今後考えるべき事-改善の見える化を / 8月11日に九州電力の川内原子力発電所が再稼働した。東日本大震災後に原子力発電所が順次停止してから4年ぶりの原子力発電所の再稼働である。時間がかかったとはいえ、我が国の原子力発電がようやく再生の道を歩き始めた。