在宅医療 厚生労働省 推進 – 在宅医療・介護の推進について

在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会(東京大学高齢社会総合研究機構) 市町村と地域医師会が連携して在宅医療推進のための多職種連携を進めることを想定した、研修運営ガイド・研修テキスト等を紹介しています。 ページの先頭へ戻る

'在宅医療推進 ¦業の例( ・地域全体の在宅医療を推進するに当たり、特に重点的に対応が必要な地域での取組の実施。 ・ ¦業実施に当たっては市町村が主体となって、地域医師会等と連携しながら在宅医療の提供体制構築に向けた取組を支援。

[PDF]

在宅医療を推進するには、医療と介護のサービスが包括的かつ継続的に提供されることが重要であり、そのためには、在宅 医療を提供する病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどの医療・福祉機関やそこに従事する

[PDF]

在宅医療と介護を一体的に提供するために必要な支援については、これまで、厚生労働省在宅医療連携拠 点事業委託費を活用した在宅医療連携拠点事業(平成23・24年度)、地域医療再生臨時特例交付金を

在宅医療や在宅介護の推進には、地域、医療機関、介護施設などの連携が不可欠です。しかし、厚生労働省の2011年の調査では、在宅医療を行っている病院が全体の28%、診療所は全体の20%に過ぎません。現状では医療機関の数がまだまだ不足しています。

[PDF]

在宅医療・介護連携推進事業の概要について 厚生労働省老健局老人保健課 1 第7回九州厚生局 地域包括ケア市町村セミナー

[PDF]

平成29年度 在宅医療・介護連携推進支援事業 在宅医療・介護連携推進事業 プラン作成強化セミナー 在宅医療・介護連携推進事業について 厚生労働省老健局老人保健課

このような背景を踏まえ、厚生労働省では在宅医療・介護連携推進事業を推進する市町村、委託事業者等(委託関係にはないが市町村と密に連携し事業に取り組んでいる方も含む)、都道府県等を対象として、「平成29年度 在宅医療・介護連携推進事業

(医療費適正化の総合的な推進) 医療費の伸びが過大とならないよう、糖尿病等の患者・予備群の減少、平均在院日数の短縮を図るなど、計画的な医療費の適正化対策を推進する。

在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会研修運営ガイド(平成25年12月)(国立長寿医療センター・東京大学高齢社会総合研究機構・公益社団法人日本医師会・厚生労働省)[pdf形式:2,145kb]

「在宅医療・介護連携推進に向けたデータ活用に関する研修会」のご案内 在宅医療・介護連携推進事業の本格施行から一年が経ち、市区町村ではPDCAサイクルに則り適切に事業を推進させていくことが命題となっています

[PDF]

厚生労働省の定める情報通信機器を用いた診療に係る指針に沿って診療を行う体制を有すること。 (2) オンライン診療料の算定患者について、緊急時に概ね30. 分以内に当該保険医療機関が対面による診察が可能な体制を有していること。 (3)

[PDF]

在宅医療・介護の連携推進については、これまで医政局施策の在宅医療連携拠点事業(平成23・24年度)、在宅医療推進 事業(平成25年度~)により一定の成果。それを踏まえ、介護保険法の中で制度化。

[PDF]

平成26年度診療報酬改定の概要 【在宅医療】 厚生労働省保険局医療課 平成26年度診療報酬改定 1 平成26年3月20日在宅医療推進会議資料

[PDF]

在宅医療・介護の連携推進については、これまで医政局施策の在宅医療連携拠点事業(平成. 23・24年度)、在宅医療推進事業(平成25年度~) により一定の成果。それを踏まえ、介護保険法の中で制度化。

厚生労働省(法人番号6000012070001) 関東信越厚生局 〒330-9713 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地1 さいたま新都心合同庁舎1号館7f . ご用のある部署によっては、庁舎や電話番号が異なる場合があります。各部署の所在地や連絡先

[PDF]

看護師の特定行為研修の概要について 厚生労働省医政局看護課看護サービス推進室 資料 1 目 次 1.2025年に向けた医療提供体制の改革・・・・・・3

[PDF]

在宅医療・介護の連携推進については、これまで医政局施策の在宅医療連携拠点事業(平成23・24年度)、在宅医療推進事業(平成 25年度〜)により一定の成果。それを踏まえ、介護保険法の中で制度化。

[PDF]

①都道府県の事業計画に記載した医療・介護の事業(病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進等)のため、 消費税増収分を活用した新たな基金を都道府県に設置 ②医療と介護の連携を強化するため、厚生労働大臣が基本的な方針を策定

東京大学医学部在宅医療学拠点. 2016. 年. 9〜10月 厚生労働省 在宅医療・介護連携推進支援事業. 在宅医療・介護連携推進事業プラン作成強化セミナー. 厚生労働省委託事業在宅医療・介護連携推進支援事業 「在宅医療・介護連携推進事業プラン作成強化

[PDF]

在宅医療・地域包括ケアに関する施策について -在宅医療・介護連携推進事業- 平成27年3月3日 厚生労働省老健局老人保健課

[PDF]

在宅医療の推進 地域包括ケアシステム構築は町づくりである 現代の在宅医療の質は病院医療に遜色がない 医療機器 介護機器の発展 新薬の開発 創薬 各種介護系サービス(介護保険制度)の充実 地域ネットワークの整備:地域ケア力の向上

(厚生労働省医政局指導課在宅医療推進室,2012) しかしこれは、医療サービスや介護サービスのシステム構築や未整備の居住空間を介護環境に改善するだけではなく、介護や看取りが未経験の家族介護者を、大量に発生させることをも意味します。

在宅医療への社会的・政策的期待. 1950年代は約8割の人が自宅で亡くなっていたが、医療技術の進展、医療機関の整備に伴い、2008年では逆に約8割の人が病院で亡くなるようになった 。この状況を鑑みて厚生労働省は在宅医療を推進している 。

複数の府省において政策対応を進めているテーマに関する情報を、府省横断的に調べるためのコーナーです。本コーナーで取り上げるテーマについては、今後、順次増やしていく予定です。

(1)在宅医療連携拠点による支援による整備促進. 厚生労働省は、市町村単位で在宅医療連携拠点(在宅医療において積極的役割を担う医療機関)を整備し、1人開業医が開設する在宅療養支援診療所に対する支援体制の構築を計画しています。

平成29年度 厚生労働省 医療の質の評価・公表等推進事業 全日本民医連報告 : 2017.05.10: 平成28年度 厚生労働省 医療の質の評価・公表等推進事業 全日本民医連報告: 2016.05.06: 平成27年度 厚生労働省 医療の質の向上・公開推進事業 全日本民医連報告①

[PDF]

在宅医療と介護の連携推進に関する事例集 平成27年3月 厚生労働省老健局老人保健課 ※本事例集は、「地域包括ケアシステム構築に向けた在宅医療・介護連携の推進 における、実践的な市町村支援ツールの作成に関する調査研究事業」(平成26

[PDF]

在宅医療・介護連携の推進に関する 施策について 平成27年2月4日 厚生労働省老健局老人保健課

在宅医療と介護の連携推進に関する事例集 (平成27年3月 厚生労働省老健局老人保健課) 2.1mb 「地域支援事業の実施について」の一部改正について (老発0510第3号、平成30年5月10日 厚生労働省老健局長通知) リンク先:

[PDF]

在宅医療を推進するには、関係する機関が連携し、医療と介護のサービスが包括的かつ継続的に提供されることが 重要。 しかし、これまで、医療側から働きかけての連携の取り組みが十分に行われてきたと

[PDF]

在宅医療と介護の連携推進に関する事例集 平成27年3月 厚生労働省老健局老人保健課 ※本事例集は、「地域包括ケアシステム構築に向けた在宅医療・介護連携の推進 における、実践的な市町村支援ツールの作成に関する調査研究事業」(平成26

在宅医療・介護連携推進事業のpdcaサイクルについて (平成31年3月14日開催 厚生労働省在宅医療・介護連携推進支援事業 在宅医療・介護連携推進事業データ分析研修 資料1) 東京大学高齢社会総合研究機構 吉江悟 松本佳子: 7: 評価指標例について

[PDF]

平成30年在宅医療・介護連携推進(特に多職種連携)に関する 調査研究事業報告書 平成31(2019)年3月 株式会社 三菱総合研究所 平成30年度厚生労働省 老人保健事業推進費等補助金 (老人保健健康増進

坪井 博文 (厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療推進室 室長補佐) 高砂 裕子 (全国訪問看護事業協会 常務理事) 織田 正道 (全日本病院協会 副会長) コメンテーター 大島 伸一 (国立長寿医療研究センター 名

在宅医療・介護連携の推進 が必要な高齢者が安心して入退院ができる環境をつくることを目的として平成27年度は、厚生労働省のモデル事業である「都道府県医療介護連携調整実証事業」に参加しました

在宅医療・介護連携推進事業とは、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅医療と介護を一体的に提供するために、医療機関と介護事業所等の関係者の連携を推進することを目的としています。

このような背景を踏まえ、厚生労働省では在宅医療・介護連携推進事業を推進する市町村や市町村が想定している委託先(郡市区医師会等)、都道府県等を対象として、「在宅医療・介護連携推進事業 プラン作成強化セミナー」を東京・大阪・仙台・福岡

厚生労働省は入院患者を減らして在宅医療を推進。在宅介護を推進と聞きました。でも女性の継続就職を目指すとも聞きました。在宅医療や介護をヘルパーが行い家族は全員外へ働きに出ると考えているのでしょうか。 ヘルパー

[PDF]

日本の社会背景と在宅医療・介護の重要性 病院外での終末期の 療養生活を支える在 宅医療・介護の充実 が求められる 出所:厚生労働省「平成24年度高齢社会白書」「在宅医療最近の動向」より参照

[PDF]

機関以外の場所で医療処置を行う在宅医療の推進に向けた様々な取組が講じ られている。 厚生労働省の社会医療診療行為別調査によれば、在宅医療のうち最も多く実 施されている療法は在宅自己注射であり(約66%)、次いで在宅酸素療法、在

[PDF]

年度「電波の植込み型医療機器及び在宅医療機器等への影響に関する調査等」報 告書について」(令和元年11月22日付け医政安発1122第1号、薬生安発1122 第1号厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長、医薬・生活衛生局医薬安全対

[PDF]

地域包括ケアシステムにおける在宅医療への期待 平成30年1月14日 厚生労働省医政局地域医療計画課 平成29年度厚生労働省委託事業 「平成29年度在宅医療関連講師人材養成事業」研修会

政府は、昨年12月22日、2017年度予算案を閣議決定しました。社会保障関係費などを含む厚生労働省予算案は、前年度比1.2%増の30兆6,873億円となっています。社会保障関係費とは年金や医療、介護な

[PDF]

厚生労働省ホームページ: 健康・医療 「在宅医療・介護の推進について」より 在宅医療・介護の連携推進の方向性 〇地域における医療・介護の関係機関の連携 →包括的かつ継続的な医療・介護サービスの提供 〇市町村が中心+地域医師会と緊密に連携

[PDF]

在宅医療・介護を推進するには、地域における医療・介護の関係機関の連携が重要であるが、現状では、訪問診療を提供し ている医療機関の数も十分とは言えず(図3)、また、連携も十分には取れていな

在宅医療・介護連携推進事業の実施状況を報告|第868回/2016年4月1日号 html版。21世紀の医療を考える「全日病ニュース」は、全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。最新号から3ヶ月前まではヘッドライン版を、3か月前以前は紙面pdfを無料でご覧頂けます。

在宅医療・介護連携推進の取り組み -最期まで住み慣れた場所で- 横須賀市健康部地域医療推進課長 川名理惠子. 厚生労働省委託事業在宅医療・介護連携推進支援事業 「在宅医療・介護連携推進事業プラン作成強化セミナー」 そして・・・行政職に

[PDF]

厚生労働省在宅医療連携拠点事業委託費を活用した在宅医療連携拠点事業(平成23・24年度)、地 域医療再生臨時特例交付金を活用した在宅医療連携推進事業(平成25年度~平成27年度)におい て実施されてきたところである。

Jan 22, 2018 · レクチャー1 「在宅医療・介護連携推進事業における評価とPDCA」 東京大学 高齢社会総合研究機構 特任研究員 吉江 悟 東京大学 医学部 在宅医療

[PDF]

出典:平成29年3月31日厚生労働省医政局地域医療計画課長通知(医政地発0331第3号)「疾病・事業及び在宅医療に係る医療体制について」 13 下線と青枠内は演者が追記。 「在宅医療」分野は中間見直しでの目標達成を評価する。

当資料は厚生労働省 ホームページ内 在宅医療推進について 「在宅医療・介護あんしん2012」より使用しております。 また、当資料掲載に当たり、厚生労働省在宅医療推進室の許可を得ております。 参考:厚生労働省 在宅医療の推進について 「在宅医療

[PDF]

Apr 03, 2017 · 療に係る医療体制について」(平成29年3月31日付け医政地発0331第3号厚生労働 省医政局地域医療計画課長通知)の別紙「疾病・事業及び在宅医療に係る医療体制 の構築に係る指針」(以下「疾病・事業及び在宅医療指針」という。)で述べる5 疾病・5事業

[PDF]

都道府県が策定した地域医療構想の達成に向けた病床の機能分化・連携に必要な基盤整備や、在宅医療の推進、医療従事者等の確保・養成、 勤務医の働き方改革の推進に必要な事業を支援するため、必要な財源を確保する。

富士通総研では、厚生労働省「平成27年度老人保健健康増進等事業」(国庫補助事業)として、「地域の実情に応じた在宅医療・介護連携を推進するための多職種研修プログラムによる調査研究事業」を実施いたしました。

このような背景を踏まえ、厚生労働省主催により、市町村、委託事業者等、都道府県等を対象として、「平成29年度 在宅医療・介護連携推進事業 プラン作成強化セミナー」が開催されました。 8月17日に中国ブロックの上記セミナーが広島市で開催されました。

厚生労働省が示している在宅医療・介護連携推進事業の事業項目に沿った「東部地区在宅医療介護連携推進協議会」の取り組みを鳥取市地域包括ケア推進室医療介護連携係の職員2名と東部医師会の専任職員2名(看護師・事務員)協働で進めていきます。

[PDF]

厚生労働省医政局看護課 看護サービス推進室 看護師の特定行為研修シンポジウムの開催について(協力依頼) 看護行政の推進については、日頃よりご尽力をいただき厚く御礼申し上げます。 看護師の特定行為に係る研修制度(以下「本制度」という。

「統合医療」情報発信サイトは、厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業に基づき、患者・国民及び医療者が「統合医療」に関する適切な情報を入手するために構築されたhpです。

平成29年度 厚生労働省 医療の質の評価・公表等推進事業 全日本民医連報告 (pdf 87.4mb) 【指標別】 ・総論 Ⅰ.民医連QI公開・推進事業の8年間の主なとりくみとステップアップー第2回民医連QI推進士セミナーの成果ー(pdf608kb)